自動車評論家の森野恭行氏、ポルシェで暴走・自爆死!?

森野恭行氏が箱根で事故死

2016年4月11日午後、箱根の有料道路「マツダ ターンパイク箱根」で自動車評論家の森野恭行(53)さんがポルシェ911GT3の試乗走行中に道路脇の樹木に衝突して死亡する事故が発生しました。

事故発生の直前、ほぼ同時刻に箱根ターンパイクで時速200km近くで走行するポルシェ911 GT3を目撃したという証言があることから、暴走の果てコーナーを曲がり切れずに自爆した可能性が疑われます。

事故の状況や原因をまとめました。

森野恭行 ターンパイク事故で大破したポルシェ911gt3

事故の概況

神奈川県小田原市で、日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考委員も務めた自動車評論家の男性が運転するポルシェがセンターラインをはみ出し、そのまま道路脇の木に激突しました。男性は死亡しました。

11日午後3時ごろ、小田原市の有料道路で、自動車評論家の森野恭行さん(53)が白いポルシェを運転し、下りのカーブを曲がる際にセンターラインをはみ出し、反対車線側にある木に激突しました。森野さんは病院に運ばれましたが、全身を強く打っていて、その後、死亡しました。

現場は見通しの良い緩やかな下りカーブで、目撃者の男性が「かなりスピードが出ていて、曲がりきれずに木に衝突した」と話しているということです。

警察によりますと、森野さんが運転していたポルシェは出版社から借りていたもので、事故は、スピードの出しすぎが原因とみられています。森野さんは「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の選考委員も務めた自動車評論家です。

TBS News http://news.tbs.co.jp/から引用

事故現場の状況

事故現場付近のニュース映像

事故現場となったのは、走り屋の聖地と言われる箱根の『ターンパイク』、自動車関係のテレビ番組や自動車雑誌の撮影などでも使われることのある有料道路です。

報道によれば事故現場は、小田原方面に向かう左カーブとのことで、事故現場のニュース映像や目撃者談から判断するに下記地図の赤丸で囲まれたコーナーと推察できます。

ターンパイク 事故現場地図

ターンパイク 小田原方面に向かう緩やか下りの左カーブ

ターンパイク事故 左カーブ

小田原方面への進行方向から見た現場のカーブ

森野恭行氏死亡事故現場 左カーブ

目撃者の証言によると、森野恭行さんの運転する白のポルシェ911 GT3は、スピードの出しすぎで、カーブを曲がり切れずにセンターラインをはみ出し反対車線側にある木に激突したとのことです。

目撃証言から分かる事故原因

森野恭行 ターンパイク事故原因

詳しい事故原因は警察が調べているとのことですが、目撃証言から判断するに、明らかにスピードの出し過ぎが原因といえるでしょう。
目撃証言の中には、現場カーブ手前の直線を200km近くで走行していたという証言もあることから、『暴走』といっても過言ではないと言えます。

【目撃者談】


事故発生時の目撃者談はまだ続きます。
事故発生時の目撃者談

今回は単独事故で済んだものの、対向車や歩行者がいたらと思うとぞっとします。

事故を起こした森野恭行さんは、日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考委員も務めたほどの著名な自動車評論家とのことですが、今回の事故を見る限り、社会常識を欠いた『暴走者』と言わざるをえません。

雑誌出版社の責任は?

今回の事故を起こしたポルシェ911 GT3は試乗車とのことで試乗会を開催したポルシェ販売会社の責任が気になるところですが、森野さんが運転していたポルシェは出版社から借りていたものとのことで、試乗会等のイベント中の事故ではないようです。

ただ、事故当日森野氏が単独でこのような危険な走行をしていたとは考えられません。
雑誌出版社の関係者が現場に居合わせていたのか否か?
今回事故を招いた危険な試乗運転に雑誌社が関与していたのかが気になるところです。

【追記】

事故の直接の原因は路面に積ったサクラの花びらでスリップしたとのことです。

また、当日は雑誌の写真撮影を行っていたとのことです。

撮影中に一般道で200km近いスピードを出していたとなれば雑誌出版社の社会的責任が問われるべきです。(怒!)

レーダー特集

注意一秒、事故一生!
ほんの一瞬の不注意が取り返しのつかない事故に繋がります。
みなさんも、今回の事故を反面教師にして安全運転を心掛けて下さい。